食用の貝
このページでは食用とされる食べられる貝の種類を五十音別に並べて、ご紹介しています。
詳細な情報を調べる際は貝の名前をクリックしてください。
日本人が貝を食用としてきた歴史は非常に古く、縄文時代や弥生時代にまで遡ると言われています。この事の根拠となっているのは今にも残っている食べた貝の貝殻を一箇所に捨てた痕跡である「貝塚」にあります。
また、貝塚から出土される貝殻の種類から古代人はハマグリを多く食べていた事が分かっており、他にもアサリやイボキサゴ、マガキ、アカニシ、アカガイ、バカガイ、ミルクイなど、現在でも食べられている貝も多く食べていたようです。

尚、現在、主に市場に出回っている貝としてはサザエ、アワビ類、トコブシ、トリガイ、アサリ、ホタテガイ、マガキ、イガイ、シジミ類などが挙げられますが、地域によってはヤコウガイやシャコガイなど、地域性のある貝も市場に出回る事もあるようです。
以前は市場に出回っている貝は殆どが国内のものでしたが、種類によっては急激に数を減らして希少なものとなってしまった貝もいる為、現在では同種の貝を海外から輸入したり、似た種類の貝を輸入する事で供給されている貝もあります。
日本に輸入されている貝で代表的なものとしてはアワビがあり、アワビはアメリカをはじめ、アフリカや南アメリカなどから、近い種類の貝が輸入されています。
また、韓国からも多くの貝が輸入されており、アカガイやサザエ、アサリやアゲマキガイなど人気の食用貝が日本に入ってきています。
のアクセスランキング TOP10