サルボウガイ- フネガイ科 -

サルボウガイ写真1
分布
サルボウガイは国内においては北限は東京湾、南は九州辺りにまで分布しています。
海外では中国大陸などに生息しています。
珍しさ
★★☆☆☆
サルボウガイ写真2
その他の名称
猿頬貝、モガイ
学名:[Scapharca kagoshimensis]
大きさ
殻長:約60mm
特徴
サルボウガイは潮間帯下の泥底に生息している貝で、食用貝として人気があった為、養殖貝として各地で広まっていきました。見た目は同じフネガイ科に属するアカガイとよく似ていますが、殻長は約半分の6cmほどとアカガイよりもかなり小さい貝です。

サルボウガイの貝殻の特徴としてはまず、表面にハッキリとあらわれている32本前後の放射肋で、左の殻には弱めのつぶつぶが見られます。また、比較的、殻は厚く、シルエットは箱型をしています。
サルボウガイの貝殻の表面の色は全体的に白色をしていますが、放射肋に沿って淡い褐色の線が入っているものもあり、貝殻のフチ周辺には暗褐色の部分も見られます。

サルボウガイの幼貝は糸を出して他物に付着し、成長すると泥底に潜って生活するようになります。

尚、サルボオガイ(猿頬貝)の名前の由来は、この貝の全体的に膨らんでいる姿を猿が口に食べ物を含んで、頬を膨らませている様子に例えて名づけられたと言われています。
のアクセスランキング TOP10